第8回 施設内リスクマネジメント研修開催

今回の研修は、「誤えん事故対策セミナー」

50名以上の参加があり、色々な事例から対策・ポイントを学びました。


喉の筋肉は歳を重ねるごとに衰え、食べ物が気管に入る「誤えん」のリスクも

増えるそうです。


 食事中に適した前かがみ姿勢をとることで、食べ物が気管に混入しにくくなることや、喉を鍛えて誤えんのリスクを減らすことなどを学びました。

 また、歌を歌ったり楽器を吹いたりすることも、喉の筋肉を鍛え、肺の機能も使うので誤えん性肺炎の予防になるそうです。                 

 みなさんも喉を鍛えて、誤えんのリスクを減らしましょう!!


お便り
アーカイブ
​ジャンル

平日:8時30分~17時

日・祝日は休みの場合がございます。

© つくみかん 2017