入院日記③

今回はリハビリ開始した頃のメモからです。

【リハビリ室の風景】

入院患者kようやくリハビリがはじまりました。色々な年代の患者がいます。

患者にとって面会者以外では、病院職員と一番話が出来る時間だと感じました。

かしこまらずに割りと素に近い自分で話ができます。

入院(入所)中に一番リアルな情報を持っているのは、それぞれのリハビリ担当者かも

しれません。同じ病院(施設職員)でも遠慮なく話が出来るのは不思議なものですね。

「職員の立場は部署によっても違うのだろう」と実感しました。

動かなくなった身体をよくしたいという患者自身と最大の協力者になる

リハビリスタッフは文字通り身近な存在だったと思いました。

ご意見、ご感想をお寄せください。

お便り
アーカイブ
​ジャンル

平日:8時30分~17時

日・祝日は休みの場合がございます。

© つくみかん 2017