災害時におけるケアマネジメント実践研修に参加しました。


    11月13日に津久見市介護支援専門員協会主催で『災害時におけるケアマネジメント

    実践研修』に。 県協会から2名の講師に来て頂き、研修を行いました。

             会場全体の様子です。全部で32名の参加でした。   

  講義の後は実際に「大規模地震発生!」を

  想定し各事業所(包括支援センター・居宅・

  老健・デイ・訪問介護・訪問看護)に分かれ

  グループワークをしました。

​​

 グループワークでは業務中に地震発生し、

 どのように動くかを想定。地域でまずは何が

 困るのかを考えていきました。

次にその困り事を会場内の他の事業所へお願い

 に行くという作業を実施し、細かな助言を講師

 よりもらいました。

最後に、各事業所の代表に困り事と現状を発表してもらいました。

    今回は机上訓練という形で研修でしたが、災害が起こった時の事を想定してのシュミレーシ

    ョンする事で冷静な対応や適切な支援ができると思われます。又、災害対策を実践的に

    理解ができ、各事業所でのマニュア検討や準備をしておいた方がよい物を確認できる良い

    機会となりました。

お便り
アーカイブ
​ジャンル

平日:8時30分~17時

日・祝日は休みの場合がございます。

© つくみかん 2017